クレジットカードの現金化について掘り下げる


みなさんが現在お金について困っているのならクレジットカード現金化というのも一つの方法として覚えておくといいかもしれません。しかし、クレジットカードの現金化って、一体なんなのでしょうか。銀行のキャッシュディスペンサーで、お金を引き出しするよりは厄介で面倒くさい方法かもしれません。まずは、みなさんにそれが何かを知っていただきたいと思います。

クレジットカード現金化とは

一般的には、クレジットカードの現金化というのは浸透している方法ではないのかもしれません。お金はいろいろな方法によって都合つけることが出来ますが、そのような方法も、段々と使えなくなってしまったという時があるかもしれません。カードローン、消費者金融では、総量規制という問題も浮上して、今までは、スムーズにキャッシング出来ていたという人たちも、それが突然出来なくなってしまうケースもあるようです。

でも、クレジットカードの現金化って、方法が判らない、それは何?と言っている人たちは、未だ相当の数のようです。クレジットカードの現金化のメリットは、審査・登録という面倒な手続きがないということです。私達は、クレジットカードの現金化によって、スムーズに現金を得ることが出来るようになるのです。すぐにお金が必要という時もあり、クレジットカードの現金化も、結構スムーズにお金をゲット出来てしまう方法の一つと考えて良いです。

インターネット、スマートフォンを使用して簡単に申し込みをすることが出来ますし、時間と手間を省くことが出来ます。まず、ご自身名義のクレジットカードが手元にあれば良いのです。仕事を現在してない、私は専業主婦という人たちだって、このような方法なら、すぐに現金をゲット出来ます。

ショッピング枠

ここには、クレジットカードというものが大きく関わってくることになりますが、クレジットカードには、みなさんもご存じでしょうが、キャッシング枠と同時に、ショッピング枠がついてますよね。現金化ということで、普通に意識するのはキャッシング枠の方ですが、クレジットカードの現金化において利用するのは、キャッシング枠ではなくてショッピング枠です。キャッシングを利用するよりも、ショッピングの方が利息が低いというメリットもあります。支払いに対しても、支払も分割・リボ払いの選択をすることが出来ます。ズバリ、クレジットカードの現金化とはショッピング枠を現金に換金する方法です。新規にお金を借り入れしようという方法とはまた違うものです。

キャッシュバック方式と呼ばれるシステムを用いた現金化が現在ではメジャーな方法です。クレジットカードを利用して、購入した商品を転売ということでは、 最悪詐欺罪や横領罪が適用されてしまう可能性ってあるようです。カード会社から疑いをかけられカード利用停止処分を下される可能性もない訳ではありません。カード購入した商品は代金の返済が終わるまで所有権がカード会社にある訳ですし。返済が終わっていないのに転売するという行為が法に抵触してしまうリスクがない訳ではありません。

今、インターネットでチェックをすればいろいろな業者で行っている方法で一番メジャーなものが、キャッシュバック方式と呼ばれるシステムです。キャッシュバック方式によって、現金化をする場合、ただし手数料が発生して、10~30パーセント程度引かれることが一般的です。もしも、みなさんが、10000円を現金に換金しようとすれば、7000~9000円程度ということになります。それを儲けとして業者は営業をしている訳ですから仕方がないといえば仕方がないのですが、みなさんは、それでも、なるべくキャッシュバック率を高く設定している業者を選択するようにすれば良いのです。

クレジットカードの現金化は本当にお得な体験か

私達は、本気で、クレジットカードの現金化を視野に入れてしまっていいものなのでしょうか。インターネットでは、キャッシングよりも現金化のほうがお得という広告じみたコピーもおどっていたりします。でもそれは単に広告に過ぎないのかもしれませんし。みなさんがお得な体験をしたいというのなら、やっぱりどの程度の手数料がかかってしまうのかということをしっかりチェックしている必要があります。

インターネットには、業界最高基準98パーセントのキャッシュバック率というコピーを見つけることが出来たりしますが、こんなのほとんど客寄せコピーでしょう。そんな上手い話しはほとんどないと思っていいです。2パーセントの利益で、会社が運営出来るはずないのです。振込手数料についても意識はしなければなりませんし、10000円程度を現金化するなら振込手数料をそれほど意識する必要がないかもしれませんが、数十万円の振り込みという場合には、そうとう高い振り込み手数料も覚悟しなければなりません。90パーセントの還元率というのに、結果80パーセントだったというケースもあるようです。