格安simに向いている人


安易に私達はすぐに格安simに乗り換えるモチベーションを持ってもいいものなのでしょうか。今、もう一度格安simのメリットやデメリットを追求してみる必要があります。2014年以降、月額1000円以下で使える格安sim、更にMVNOという言葉が当たり前に使用されるようになって来ました。おおかたの人たちが、MVNO、格安simという名前を聞いたことがあるでしょう。しかし、本当にMVNO、格安simについて正しく理解している人たちが、 どの程度いるかも疑問です。

格安simといえば、多くの人たちが、スマートフォンを安く使えるかもという思いはあるはずです。でも、スマートフォンは安いけど、通信速度や通話機能などに対して、デメリットがあれば、みなさんはそれでも格安simを利用するでしょうか。格安simは、デメリットが存在するもなのに、デメリットに我慢して、安くスマートフォンを使用することに過ぎないのでしょうか。実際に、存在するなら、どのような点がデメリットかもしっかり理解する必要があります。

そもそも格安simって何……?

格安sim
そもそも格安simが何かといえば、 simについての知識を持っている必要があります。simとは、 ubscriber Identity Module Cardのことであり、 携帯電話などに挿入して使う小型のICカードのことを言います。回線契約のSubscriber(契約者)をIdentity(識別)するために必要となるものがsimです。普段、私達かあまり触れる部分のことではないのかもしれません。しかし、今、より便利にスマートフォンを利用するために、simまで注目しなければならない時代となったようです。

simカードには、端末で利用する電話番号などの回線情報が記録されていて、simカードなくして、通常の会話をすることが出来ません。スマートフォンがあるのに不思議という人たちもいるかもしれませんが、simカードは、クルマのETCカードのようなものだと考えても良いでしょう。ETCカードは、他人所有のクルマに挿して使うこともできますよね。ETCカードの契約はクルマと契約しているということではなくて、simカードとの紐付けであり、simカードもそのような意味では同じではないでしょうか。

格安simとは何……?

今、話題になっているのは、simということではなくて、格安simについてです。果たして、何をして格安simというのでしょうか。格安simとは、 MVNO(仮想移動体通信事業者、Mobile Virtual Network Operator)という業者があって、そこが、 大手通信キャリアに比べて格安のsimカードを提供していることを言います。

今まで、simとは、 あまり人目に触れることもない地味な存在だったはずです。しかし、 大手家電量販店へ行けば、 携帯コーナーの一角に格安SIMがずらりと並んで販売されている光景も、それ程珍しい訳ではなくなりました。更に、流通大手のイオンでは、格安sim と、自社で調達したスマートフォンセット販売するケースもあります。

なぜ格安simは安くすることが出来るの……?

安くなければ格安simではないのです。しかし、格安simは、なぜ、安さに挑戦することが出来るのでしょうか。MVNOが低料金で格安SIMサービスを提供できる理由には、 回線をまとめて借りることで実現出来る低価格があり、更に、 販売にかかわる様々なコストを削減する努力があり、 プラスして言えば、データ通信量や通信速度を制限をしているからではないでしょうか……。

スーパーマーケットには、キレイに、フルーツ盛り合わせが並び、他に選択肢がないから、つい、一口しか食べたくないという時にも、フルーツ盛り合わせを購入しなければならない羽目になることになります。このような購入は、 大手通信キャリアとの契約の手法です。しかし、MVNOの場合、スーパーマーケットと交渉をして、 カット前のパイナップルを大量購入して、 カットして一切れ10円で売ることをスタートするとします。

パイナップルを一切れだけ買うお客様にとって、スーパーのように大きな店舗もないけど、従業員も雇ってないかもしれないけど、このようなMVNOの方がいいに決まっているのです。ここには、メリットを大きく感じる人たちも、メリットは存在しているかもしれないけど、デメリットもあるというケースもありますので、更に注意をして見付けていかなければなりません。

格安simのメリットデメリット

格安sim デメリット
実際に、私達が格安simについて知らなければならないのは、格安simのデメリットについてではないでしょうか。月額料金が安くなる、プランを柔軟に選べる、2年縛りがないというメリットが、格安simには存在しています。しかし、音声通話に対応していないものが多くあり、利用できないキャリア関連サービスが多かったりして、クレジットカードが必要な場合が多かったり、 データ通信の制限が厳しかったり、 通信速度が遅くなる可能性があったり、テザリングを利用できないケースもあり、キャリアによる端末価格の割引を受けられない場合もあります。

みなさんがこのような問題に耐えることが出来るのなら、あなたは、格安sim向きではないでしょうか。

最新の格安sim業者徹底比較【格安sim比較でテザリングOK!iphone対応お探しなら