飲んではいけない青汁もある!?妊婦が青汁を飲むメリットと注意点


妊娠中に青汁を飲んでいいの?

青汁と妊婦
今現在、妊娠中なんだけれど、果たして青汁を飲んでもいいものかどうか、わからない。そんな方もいらっしゃるかもしれません。結論を先に言ってしまえば、青汁を飲むことは野菜を食べるのと同じようなものですから、何も問題はありません。むしろ妊娠中にこそ青汁を飲むべきとさえ言えます。

子供を宿したお母さんのおなかの中では、新しい命が細胞分裂を繰り返しすこしずつ大きくなっていきます。このとき、健康的に子供が成長していくためには、葉酸が必要不可欠です。葉酸というのは、水溶性のビタミンB群の一種で、細胞の生成や再生を助ける働きを持つ栄養素で、特に妊婦は積極的に摂取すべきものとして、厚生労働省もサプリメント等での補給を推奨しています。青汁にはこの葉酸も含まれていますから、妊娠中にはぴったりの飲み物といえるのです。

妊娠中の女性の葉酸の必要量は、1日あたり400μgとされています。青汁単体でこれをすべて補うのは難しいかもしれませんが、青汁には他の栄養素もたっぷりと含まれていますし、食欲のないときにも手軽に飲めますから、サプリメントなどと合わせて飲むことによって、葉酸だけでなく、あらゆる栄養素の不足を防ぎつつ、バランスよく栄養を摂取することができるのです。

ちなみに、葉酸が不足すると、胎児に無脳症などの奇形の発生するリスクが高まります。1日に1000μgくらいと過剰に摂取するのもよろしくないのですが、サプリメントと青汁あわせて400μgを目安に葉酸を摂ると、赤ちゃんも健康的にすくすくと育っていくことでしょう。先に述べたように、青汁には葉酸以外の栄養素もたっぷりと含まれていますから、あまり食べられないときにも、栄養が不足することはありません。それももちろん元気な赤ちゃんを産むことに繋がります。

ただし添加物や原材料に注意

青汁 原材料
ただし、青汁にも良し悪しはありますので、その青汁を飲んでも良いものかどうかは、しっかりと見定める必要があります。まずは添加物。これが入っているものは飲まないほうがよいでしょう。人工のビタミンCや香料など、添加物の入った青汁は体に悪影響を及ぼす危険性があります。妊娠中は特に避けたほうが良いですね。

また、原材料にも注意を向けなければなりません。たとえばハトムギ。この植物には子宮の収縮作用があるため、摂りすぎると流産のリスクが高まります。ハトムギを原材料に使っている青汁は飲まないほうが無難です。加えて、カフェインの入っている青汁もダメです。カフェインには、体内のカルシウムを尿と一緒に押し流す作用や、鉄分の吸収を阻害する作用があります。妊娠中の女性は特に鉄分を必要としますので、カフェイン入りの青汁や、コーヒーなんかも極力飲まないほうがよいでしょう。

妊婦と青汁に関しては、青汁は妊婦にとって危険?の記事で詳しく解説しています。

最後に、その青汁の主原料である植物について述べておきます。これは断然、国産の植物を原材料にしている青汁が良いです。海外で獲れたものは、農薬をたっぷり使っていたりしますし、無農薬を謳っていても、「まだ禁止されていないだけ」で人体に悪影響を及ぼす恐れのある薬が使われているケースもあります。国産のケール、大麦若葉、明日葉などを主原料とする青汁を飲むようにしましょう。

以上、妊娠中の女性が青汁を飲むメリットや注意点について見てきました。青汁であればなんでもいい、ということはないんですね。上記のように妊娠中の女性には向かない青汁もあるのです。農薬に関しては、人体になんらかの害をなす恐れがありますから、男女問わず、海外で獲れた植物を原材料とする青汁には手を出さないほうがよいでしょう。健康のために青汁を飲んで健康を損なっては、意味がありませんからね。